XUEQIN LIU
  連絡先(E-mail): liuxueqin1024@yahoo.com
    趣味:旅行
研究テーマ:
          宇野浩二の文体変化に関する計量的分析
学会論文&口頭発表

趣味

Go To Top

学会論文&口頭発表

  • 劉 雪琴, 金 明哲(2017). 宇野浩二の病気前後の文体変化に関する計量的分析, 計量国語学, 31(2):128-143.
  • 劉 雪琴, 金 明哲(2017). 入院する前に宇野浩二の文体は既に変わっていたのか, 情報知識学,27(3):245-260.
  • 劉 雪琴, 金 明哲 (2018).トピックモデルに基づく宇野浩二の創作時期についての検討.2018年度日本分類学会シンポジウム.11月24日-25日,沖縄.
  • 劉 雪琴, 金 明哲 (2018).宇野文学の計量分析ー同時代の作家との比較として.第32回日本計算機統計学会.5月26日-27日,山口.
  • 劉 雪琴, 金 明哲 (2018). 判別分析による宇野浩二と同時代作家の比較分析. 第46回日本行動計量学会抄録集.44-47.9月3日-6日,東京.
  • X. Liu and M. Jin (2017). Stylistic Analysis of Kōji Uno’s Works Based on Data, The 2nd International Workshop on Language Technologies and Applications.Sep 3-6, Prague, Czech Republic.
  • X. Liu and M. Jin (2017). The Changes Over Time in Koji Uno’s Writing Style, 2017 Conference of the International Federation of Classification Societies. Aug 8-10, Tokyo, Japan.
  • 劉 雪琴, 金 明哲 (2017). 宇野文学における経時的な文体変化に関する計量分析. 第45回日本行動計量学会抄録集.162-165.8月29日-9月1日,静岡.
  • 劉 雪琴, 金 明哲(2016). 宇野浩二の文体変化の時期に関する計量分析, 発表論文抄録集. 1-6.10月8日,東京.
  • 劉 雪琴, 金 明哲(2016). 入院する前に宇野浩二の文体は既に変わっていたのか. 日本行動計量学会第44回大会発表論文抄録集.168-171.8月30日-9月2日,札幌.
  • 劉 雪琴, 金 明哲(2016). 計算機統計学のアプローチによる宇野浩二の文体分析. 日本計算機統計学会第30回大会講演論文集. 17-20.5月-20日,京都.
  • Xueqin Liu and Mingzhe Jin(2016). Quantitative Analysis of Uno Kouji's Works before and after the Disease. The 7th International Forum on Statistics of Renmin University of China.Beijing, China.
  • Xueqin Liu and Mingzhe Jin (2016). Astatistical analysis of Uno Kouji’s writing style, The 8th Applied Statistics & Management Engineering Summit, CD-ROM-GEN0048(8p).Yantai, China.
  • 劉 雪琴, 金 明哲(2015).宇野浩二の文体変化に関する計量的分析. 日本行動計量学会第43回大会発表論文抄録集. 214-215,9月1日-4日,東京.
  • 劉 雪琴, 金 明哲(2015). 宇野浩二の病気前後の文体に関する分析―計量的な観点から―. 計量国語学会第59回大会発表論文抄録集. 19-24.9月26日,神戸.
Go To Top